top of page
logo 另4.png
錨點 1

‧結案

‧進入治療

 

 

‧進行評估

‧初談

 

​‧預約諮商

神分析志向は、少なくとも週に1回または週に複数回の心理療法を推奨しています。なぜなら、個々人のトラウマや症状は人生と共に成長し、それぞれ独自の姿を持つようになるからです。長期的な心理療法において、過去の困難や感情が浮かび上がる機会があります。その感情が形を持った後、それが私たちの一部となることができるのです。

精神分析は潜在意識と治療関係に焦点を当てており、これらは自分自身の未知で想像もしなかった側面を探求する冒険のようなものです。この過程には苦しみや驚きがあり、多くの時間を費やすかもしれませんが、過去とは異なり、他者と空間があり、自分自身を恨み、愛することができるのです。私たちは、心理療法の効果が明白な答えではなく、治療関係の小さな経験の中にあると信じています。そこでは他者が聞き、見つめ、共に歩み、理解してくれます。

長期心理療法に準備ができていない人もいます。なぜなら、それはどんな関係と同様に、コミットメントや成長が必要だからです。そのため、治療を開始する前に6回の評価期間があります。この期間中には、できる限り困難を理解し、ニーズを特定し、次のステップを考えます。評価期間で多くの人が収穫を得て終了し、また長い旅を始める準備をする人もいます。私たちは皆さんのペースを尊重し、自分のペースで困難な経験に向き合っていただきたいと願っています。

長期治療段階に入ると、幻想や夢、現実的な関係で言い表せないような感情や思いを含め、どんな感じ方や考え方でも話すことを奨励します。それらの経験を受け入れる空間としての心理療法を提供します。また、生活の重要な決定、治療関係、休暇の取得や終了についても、何でも先に話し合い、行動することを奨励します。

表現と理解の関係の中で、変化が自然に起こると信じています。新しい問題や発見が伴うこともあるかもしれませんが、この旅路で心の中の小さな部分を安心させる場所があることを期待しています。

bottom of page