top of page
logo 另1 無字版.png
錨點 1

  結案‧

進入治療‧

 

 

進行評估‧

  初談‧

 

​預約諮商‧

として、またはケアギバーとしての役割は非常に大変な仕事であり、特に子どもが感情や行動面で困難を抱えた場合はなおさらです。

家族の問題、例えば家族の健康問題、喧嘩、離婚、喪失の悲しみやその他のトラウマ的な出来事は子どもに影響を与え、その逆もまた然りです。さらに、子どもは成長過程で危機やストレスに直面することもあります。同輩との適応、学業の困難、予期しない出来事などがそれにあたります。

実際、子どもが困難に直面する状況は大人が想像する以上に一般的です。5人に1人の子どもや青少年がこうした困難を経験します。子どもたちは、時には最も身近な人々と話すことが難しいことがあります。それは、周囲の大人を心配させたくない、または動揺させたくないからかもしれませんし、「大人になろう」として自分で対処しようとしているからかもしれません。

幸運にも、多くの子どもたちは大人に何かがうまくいっていないことを知らせるための様々な方法を見つけることができます。例えば、外向的な破壊行動、怒り、攻撃性などの形で表れたり、内向的な行動としては、抑うつ、同輩との疎遠、食事や睡眠の問題などがあります。心理師はカウンセリングを通じて、こうした子どもの「症状」を理解し、なぜ特定の困難が生じるのかを探ります。

もし子どもが数日以上にわたって異常な行動や非常に異常な行動を示す場合、大人は真剣に対処する必要があります。子どもが苦痛や混乱を表現するための手段は限られているため、大人はその行動を理解するのが難しいことがあります。特に、言語能力がまだ発達していないために、複雑な経験や感情を伝えることができない子どもにとってはなおさらです。

心理師は、子どもをサポートするだけでなく、親とも密接に協力し、成長過程で子どもが直面する課題について一緒に話し合います。危機を転機とし、治療経験を将来活用できるリソースに変えることで、親子が共に前進できるように支援します。

bottom of page